馬プラセンタと豚プラセンタの違い

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

馬プラセンタと豚プラセンタの違いやそれぞれの特徴

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違いはどこにあるのでしょう。それぞれの特徴について解説すると、まず馬プラセンタは、馬の胎盤から有効成分を抽出したものです。豚プラセンタは、豚の胎盤から抽出したものです。馬プラセンタは、アミノ酸の含有量が多く、豚プラセンタよりもはるかに多いといわれています。平均でも1.1倍〜1.2倍くらいは、馬プラセンタの方が、アミノ酸含有量が多くなっています。安全性についても、馬プラセンタに軍配が上がります。馬は豚と比べて寄生虫の心配がありません。馬の基礎体温は豚と比べて5度〜6度高いので、寄生虫が住み着く可能性が低いです。馬は、人間に対して抗原性か少ないのも特徴で、生でも食べることができます。一方、豚は、しっかり調理しないと食することはできません。馬はデリケートな生き物で、豚よりも安全性は高いのです。希少性と言う意味でも、馬プラセンタのほうが豚プラセンタよりも優れています。採取するのに長い時間と労力がかかる馬プラセンタは希少性が高く、原料の希少価値的に、豚プラセンタよりも値段は高くなります。

 

エイジングリペア